HOME > 当院について > がん治療について > がんとわかった時からはじまる緩和治療

がんとわかった時からはじまる緩和治療

当院が提供できる緩和ケア

私たちは、これからがん治療を受けるあなたの生活を支援します。

はじめて病気の説明を受けられて、これからがん治療を受けられるあなたが安心してこれからのことに対処していくことができるように支えます。

この病院があなたに提供できる緩和ケアの「5つの支援」を紹介します。

  • 1. がんとわかったら・・・ あなたのつらさに耳を傾けます。
  • 2. これからの治療を決めるとき・・・ 必要な情報を提供し、あなたとともに治療を考えます。
  • 3. つらさや痛みが強いとき・・・ 身体や心などの様々なつらさをやわらげます。
  • 4. つらさや痛みが続くとき・・・ 専門のスタッフが相談させていただきます。
  • 5. 治療や療養の場は・・・ ご希望に沿うように相談させていただきます。

介入のタイミング

緩和ケアは、がんと診断されたときから始めます。

緩和ケアは、がんの治療ができなくなってから始めるものではありません。

身体や心などのつらさが大きいと体力を消耗することのより、がんの治療を続けることが難しくなります。そのため、がんと診断されたときから、「つらさをやわらげる=緩和ケア」をはじめることが大切です。

また、早い段階から緩和ケアを受けた場合、生活の質(QOL)が改善され、予後にもよい影響があるという調査報告もあります。

相談支援センター(地域連携室)について

❤相談支援センター(地域連携室)にもご相談ください。

緩和ケアだけでなく、がんに関わるあらゆる悩みや問題については、「地域連携室」が窓口となってご相談をお受けします。がん治療、生活療養、不安や悩み、痛みやつらさなどに対して、お話を伺い、一緒に考え、解決に向けて患者さん、ご家族をサポートします。

相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。看護師、薬剤師など相談内容にあった職種が対応します。地域連携室は、正面エントランスを通って右側にあるカウンター(地図⑤)の位置にございます。

  • 【連絡・問い合わせ先】
  • 〒720-0001 広島県福山市御幸町上岩成148番13
    公立学校共済組合中国中央病院 地域連携室
  • 電話:084-970-2284 受付時間/平日 8:30~17:15