HOME > 部署案内 > 部署紹介(病棟・外来) > 4みなみ病棟[4F]

部署案内

4みなみ病棟(4F)

診療科

血液内科

部署の概要

病床数 52床(うち10床無菌室)
看護スタッフ 看護師長1名・副看護師長2名・看護師32名
看護補助者2名

部署の特徴

当病棟では主に化学療法、輸血、ハーベスト、末梢血幹細胞移植などを実施しています。
化学療法または移植治療を施行する際には、安心して治療を受けて頂くために、看護師や薬剤師が分かりやすい指導を心がけ、継続的に指導を行なっています。
また、がん化学療法看護認定看護師、日本輸血細胞治療学会認定の臨床輸血看護師とアフェレーシスナースを中心にスタッフ教育を行ないながら、安全な治療が提供できるように取り組んでいます。
私たち4南の看護師は、治療を行う過程で患者や家族に寄り添いながら意思決定の支援を行っていきたいと思っています。

部署の紹介

◆ハーベスト

日本輸血細胞治療学会認定の臨床輸血看護師とアフェレーシスナースを中心に末梢血幹細胞採取を施行しています。末梢血幹細胞採取を行う時は、安全に採取できるよう看護師・医師・臨床工学士がベッドサイドで対応しています。

◆病棟カンファレンス

毎週木曜日夕方から医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、栄養士、地域連携室スタッフ、歯科衛生士放射線技師など多職種が集まり血液カンファレンスを行っています。

◆無菌治療室

二重扉の向こうはISO6クラス(1㎥に埃が1000以下)の無菌室10床があります。定期的に清浄度を測定し無菌室管理を行なっています。

◆病棟イベント

七夕やクリスマス会など季節を感じられるよう、イベントを企画し実施しています。
患者さんの気持ちに寄り添った温かい看護が提供できるように心がけています。

入職を希望される皆さんへ

先輩看護師みんなであなたをサポートします。
フレッシュな笑顔に合える日を心待ちにしています。