HOME > 部署案内 > 部署紹介(病棟・外来) > 4みなみ病棟[4F]

4みなみ病棟[4F]

4みなみ病棟 概要

4みなみ病棟は血液疾患の病棟です。

  • 病床数52床(うち無菌室は10床)
  • 平均在院日数:26.6日
  • 病床利用率:87.7%
  • 看護スタッフ:看護師長1名 副看護師長3名 看護師29名 看護補助者3名

師長からのメッセージ

岡崎 緑 師長

4みなみ病棟は血液疾患の病棟です。当病棟では化学療法・輸血が大半を占めていますが、全身放射線照射、末梢血幹細胞移植、骨髄移植、顆粒球輸血療法も行っています。

化学療法治療・移植前にはパンフレットを用いて安全に不安なく治療を受けられるよう薬剤師と確認を行いながら継続的に指導を行なっています。

また、日本輸血細胞治療学会認定の臨床輸血看護師3名が中心にスタッフの教育を行ない年間3200パック以上の輸血を施行しています。患者、家族に寄り添い意思決定の支援も行っていけるよう「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と家族のように声をかけ、相談ごとは我が家族と思い一緒に考えたいと思っています。

4みなみ病棟のご紹介

ハーベスト

平成27年に末梢血幹細胞採取の機械が新しくなり、平成28年は日本輸血細胞治療学会認定アフェレースナース1名が誕生しました。末梢血幹細胞採取中は世間話やDVD鑑賞などで緊張することなく受けていただけるよう看護師・医師・臨床工学士が配慮しながらベッドサイドで対応しています。平成27年度の末梢血幹細胞採取は16件・末梢血幹細胞移植は自己7件・同種3件・同種ハプロ2件でした。

カンファレンス風景

毎週木曜日夕方から医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、栄養士、地域連携室スタッフ、歯科衛生士、放射線技師などが集まって血液カンファレンスを行っています。情報を共有し、看護に活かしています。

無菌治療室

①二重扉の向こうはISO8クラス(1㎥に埃が100000以下)の②廊下で病室はISO6クラス(1㎥に埃が1000以下)です。更に③無菌水での手洗い、個別の血圧計や聴診器などを設置し、④差圧計や⑤清浄度を測定して無菌室管理をしています。しかし、他は一般病室の個室と変わりなく、⑥運動器具での自主運動や他の患者さまと廊下の椅子でお話することもできます。クリスマスには看護師の演奏会を開催したりしています。

面会・持ち込み制限や入室の仕方があります。看護師が説明しますのでお尋ねください。