HOME > 部署案内 > 部署紹介(病棟・外来) > 4きた病棟[4F]

4きた病棟[4F]

4きた病棟 概要

  • 病床数:52床
  • 平均在院日数:7.8日
  • 平均病床利用率:77.6%
  • 看護スタッフ:看護師長1名・副師長3名・助産師14名・看護師17名・看護補助者4名

看護師長からのメッセージ

喜多村道代 師長

4きた病棟は、産婦人科 消化器内科の病棟です。産科では産婦さん主体の安全で満足のいくお産をしていただけるように、病棟助産師が妊娠中から妊婦さんと関わりお手伝いさせていただいています。また、婦人科の手術や化学療法も行っています。

消化器内科では内視鏡検査・治療や化学療法を行っています。入院期間が短いため患者さんと関わる期間は短いですが、患者さんが安心して入院・検査・治療受けられるように、笑顔・コミュニー ション・患者さん、ご家族との出会いを大切に、スタッフ全員で看護に取り組んでいます。

4きた病棟のご紹介

11名のアドバンス助産師を中心に助産外来を開設しています。

助産外来では、お母さんと赤ちゃんが持つ「産む力」と「生まれる力」を信じて、個々の妊婦さんに合った保健指導を心がけています。

今後は院内助産開始に向け、さらなるケアの充実・技術の向上に努めていきたいと思います。

アドバンス助産師とは

アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より「院内助産・助産外来において自律したケアができる能力をもつ」と認証された助産師の呼称です。

安心して検査を受けられるよう

当院では、月600件を超える消化器内視鏡検査が行われています。

患者さんが安心して検査を受けられるよう、検査前の準備や方法について、1人1人にわかりやすく説明することを心がけています。


助産外来のご紹介はこちら