HOME > 部署案内 > 部署紹介(病棟・外来) > 外来[1F・2F]

外来[1F・2F]

外来概要

各診療科の診察室のほかに、中央治療室、救急治療室、外来化学療法室、内視鏡室、血液透析室(放射線治療室、造影検査室)を担当しています。

看護スタッフ:師長2名・副師長5名・看護師27名・非常勤看護師27名・看護補助者3名

看護師長からのメッセージ

  • 藤原W智美 師長

    藤原智美 師長

  • 喜多村道代 師長

    喜多村道代 師長

外来は1階と2階で12科あり、1日平均600人程の患者さんが来院されています。入院の在院日数が短くなったことで、外来で検査や注射・処置・治療を受ける患者さんが多くなりました。患者さんと関わる時間は短時間ですから、注意深い観察力と判断力が求められます。外来看護スタッフの役割は、従来の診療補助に加えて、入退院を通した継続的な看護や、個々の患者さんや家族のニーズに応じた専門性の高いケアが提供できることです。

安全に医療を受けていただき、安心してお帰り頂けるよう確認と挨拶と笑顔を大切にしています。

外来のご紹介

スムーズな診療を心がけています

外来1階にある中央治療室では、外来患者さんの採血や点滴、輸血を行っています。採血後は検査結果が少しでも速く出るよう努力しています。

患者取り違え等の医療事故防止のため、患者さん自身に名前を言っていただき、同姓同名の方がいらっしゃる場合は生年月日も言っていただいております。ご面倒ですがご協力お願い致します。

緊急時の対応も迅速に

救急治療室では、主に救急搬送された患者さんの診察治療を行います。患者さんへの思いやりと心配りを大切に看護しています。夜間の救急もここで対応します。