中国中央病院糖尿病・腎臓病内科

糖尿病や病態栄養学、腎臓病を専門とする担当医が幅広い視野に立った診療を行っています。

HOME > 診療科のご案内 > 内科 > 糖尿病・腎臓病内科
糖尿病・腎臓病内科のご案内

診療の概要

当科外来では、糖尿病や病態栄養学、腎臓病を専門とする担当医が幅広い視野に立った診療を行っています。
対象疾患としては、糖尿病、低血糖症、甲状腺疾患、副腎疾患、副甲状腺疾患、脂質代謝異常等広範囲に及びます。
また、糖尿病療養指導士を中心とした看護師スタッフによるフットケア、糖尿病治療に不可欠な外来での管理栄養士による食事指導など複数の職種の連携を活かしたチーム医療が継続できるよう努力を重ねています。
腎臓病については、ネフローゼ症候群、急性腎不全の腎生検による診断と治療、慢性糸球体腎炎、腎不全の治療を行っています。
透析室は17床あり、主として血液透析治療を、月・水・金に行っています。
腎生検検査については、毎年年間約20症例を施行しており、病理部門との連携で光顕所見・蛍光所見を迅速に診断しています。
ネフローゼ、急性腎不全に対しては、緊急人工透析、持続的緩徐血液濾過、血漿交換、二重膜濾過血漿交換、免疫吸着療法を行っています。

診療実績【令和4年度】

糖尿病入院患者数 53名
DPC請求病名
糖尿病外来患者数 1,417名
内科で糖尿病を主病とする外来のべ患者数
腎生検 33件
年間人工透析件数 2,921件

医師紹介

平田 教至(ひらた きょうじ):副院長 第一糖尿病・腎臓病内科部長 健康管理センター長

平田 教至(ひらた きょうじ):健康管理科部長

  • 【出身大学】
    岡山大学 医学部
    【専門】
    腎・糖尿病
    【所属学会及び資格】
    日本内科学会(認定医、総合内科専門医・指導医)
    日本糖尿病学会(専門医・指導医)
    日本内分泌学会(内分泌代謝・糖尿病内科領域 専門研修指導医)
    日本腎臓学会(専門医・指導医)
    日本透析医学会(専門医・指導医)
    日本人間ドック学会(認定医・専門医・指導医・人間ドック健診情報管理指導士(人間ドックアドバイザー))
    日本医師会認定産業医
    【医師からのひとこと】
    よろしくお願いします。
中迫 幸男(なかさこ ゆきお):第二糖尿病・腎臓病内科部長

中迫 幸男(なかさこ ゆきお):一般内科部長

  • 【出身大学】
    自治医科大学 医学部
    【専門】
    腎臓内科
    【所属学会及び資格】
    日本透析医学会(専門医・指導医)
     日本内科学会(認定医・指導医)
     日本腎臓学会(専門医)
    【現在の科を選んだ理由】
    腎臓の多彩な働きに興味を持ったから
    【座右の銘】
    置かれた場所で咲きなさい。
    【医師からのひとこと】

     
    腎臓病の患者さんのために微力ながら努力していきたいと考えております。
     よろしくお願い申し上げます。
三好 綾香(みよし あやか):非常勤医師
  • 【出身大学】
    大阪医科大学
    【専門】
    糖尿病代謝・内分泌内科
    【所属学会及び資格】
    日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会
    【現在の科を選んだ理由】
    生活習慣病の患者さんたちが自分らしく元気に長生きする手助けをしたいと思ったから
    【座右の銘】
    思い立ったが吉日
    【医師からのひとこと】
    がんばります