HOME > 更新情報 > 広報誌 > ロコモティブシンドロームについて

ロコモティブシンドロームについて

ロコモティブシンドロームの定義と意義

体を自由に動かすことができるのは、骨、関節、筋肉などで構成される“運動器”の働きによるものです。加齢に伴う運動器の障害により、「立つ」、「歩く」、「座る」などの機能が低下します。進行しますと日常生活にも支障が生じてきます。

ロコモティブシンドローム(略称ロコモ、和名;運動器症候群)とは運動器の障害のために、移動能力の低下を来たし、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態と定義されます。

高齢者の運動器障害は複数の病気が複合、連鎖しますので、運動器の障害を移動能力に注目して総合的に考えようというのがロコモの意義です。

 

ロコモティブシンドロームの提唱

ヒトが長寿になり、運動器の耐用年数が問題となってきました。関連する骨・関節疾患患者数は膨大な数に及びます。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢化社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。

 

疾患名 総数 男性(上段)
女性(下段)
変形性腰椎症 3790万人 1890万人
1900万人
変形性膝関節症 2530万人 860万人
1670万人
骨粗鬆症(腰椎) 640万人 80万人
560万人
骨粗鬆症(大腿骨頚部) 1070万人 260万人
810万人
上記の疾患のいずれか1つ以上 4700万人 2100万人
2600万人
上記の疾患のいずれか2つ以上 2470万人 990万人
1480万人
上記の疾患のいずれか3つ以上 540万人 110万人
430万人

Yoshimura, et al, JBMM, 27:620, 2009

中村耕三、日本整形外科学会報道資料2009

 

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモの原因としては加齢に伴う筋力低下やバランス能力の低下、変形性関節症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、骨折(股関節、脊椎など)などの病気があげられます。
特に下記は三大要因とされるものです。

①骨粗鬆症による骨脆弱(ぜいじゃく)性骨折
②変形性関節症や関節炎による下肢の関節機能障害
③脊柱管狭窄による脊髄、馬尾、神経根障害

 

ロコモティブシンドロームの判定

ロコモの判定にはロコチェック、ロコモ度テストがあります。

下記は簡単に判定可能な7つのロコチェックです。
□片脚立ちで靴下がはけない
□家の中でつまずいたりすべったりする
□階段を上がるのに手すりが必要である
□家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である
□2kg程度の買い物(1ℓの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
□15分くらい続けて歩けない
□横断歩道を青信号で渡りきれない

このような状態が1つでも当てはまる場合は運動器の衰えを示すサインであり、注意が必要です。より詳しく調べるにはロコモの進行具合を数値化したロコモ度テストがあります。この結果によりどのような対策をとるか決めることができます。
詳しくはロコモチャレンジ!推進協議会ホームページをご覧ください。

最後に

皆さんは“健康寿命”という言葉をご存知でしょうか?

健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間をいいます。平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年の差があります。言い換えれば寝たきりや介護を必要とする期間が10年くらいはあるということです。自分の健康を守り、自立して生活できる期間を延ばす(健康寿命を延ばす)ためにもロコモ対策は必要です。

日常生活習慣と適切な対処の有無によって、移動機能は大きく変わります。ロコモか?と思った場合には整形外科専門医をを受診してみてください。

 

引用資料 日本整形外科学会ホームページ

中国新聞 広告“ロコモを知ろう 広島編”

 

 

整形外科部長  角南 勝利