HOME > 当院について > クリニカルインディケーター > 平成29年度 公立学校共済組合 中国中央病院 病院指標

平成29年度 公立学校共済組合 中国中央病院 病院指標

  1. 1. 年齢階級別退院患者数
  2. 2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5. 脳梗塞の患者数等
  6. 6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. 7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 572 53 131 260 400 426 1086 1269 925 185
【定義】
・一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示します。
・年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定しています。

【評価】
当院は、福山・府中二次医療圏地域の中核病院として、質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
特に60歳以上の患者さんが占める割合は6割を超え、がん疾患、呼吸器疾患などの入院患者さんが多い傾向にあります。
0歳から9歳までの小児患者さんが多い理由は、気管支肺炎や気管支炎などの小児呼吸器疾患の入院に積極的に取り組んでいることによるものです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 232 14.20 11.99 0.43 70.88
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 148 18.02 16.48 0.00 67.43
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 133 3.05 3.59 0.75 72.20
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 88 14.51 10.56 4.55 68.85
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 87 24.34 33.42 1.15 69.49
【定義】 
・一般病棟の中における転科においては、主たる診療科は医療資源を最も投入した傷病名の担当医が所属する科で集計しています。
・平均在院日数(全国)は、平成29年度_診断群分類毎の平均在院日数(案)平成30年9月10日時点のものを表示しています。

【評価】
内科では、肺がん・血液がんの患者さんが上位を占めており、当院が呼吸器疾患と血液疾患に力を入れていることが分かります。
肺がん治療においては、気管支鏡検査等による確定診断時の検体を用いて遺伝子の異常などを一括して検査し、患者さんの症例に最も効果が期待できる薬剤を選択しています。近年、毎年数種類の新薬が認可されています。その分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬を積極的に使用しています。

血液内科では、すべての血液疾患の診断と最新の治療を行っています。
移植療法に関しては、HLAが半合致で移植可能となる、ハプロ移植が広がりつつあります。一方、自家移植は、従来の治療では治癒困難と思われていた65歳未満の予後不良群の悪性リンパ腫や再発悪性リンパ腫、多発性骨髄腫発症例に対して、予後の改善を目指しています。治験や臨床試験に積極的に取り組んでおり、国内トップの実績を誇っています。
近年は、備後地域にとどまらず、他県からも多くの患者さんが来られます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 53 12.68 12.35 3.77 68.89
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 14 8.86 10.15 0.00 66.29
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 13 6.46 9.20 0.00 56.62
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 11 4.36 5.56 0.00 35.82
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 5.96 - -
【評価】
外科で最も多い症例は、肺がんになります。呼吸器内科、放射線科、リハビリテーション科との連携を保ちながら、術前から術後まで包括的な診療を行うように心がけています。肺がん手術では、平成23年度から、より低侵襲な術式である完全胸腔鏡下を導入しています。

乳腺外科では乳がん検診、精密検査、手術、化学療法、放射線治療など乳がんの診断・治療に関して基本的なことは全て行えることを目標としています。乳がんの治療に関しては、針生検でがんのタイプを把握し、CTなどの画像評価を行い、治療方針を決定しています。医師はもちろんのこと、その他のスタッフもそれぞれの機会に患者さんにより添い、悩みに応え、相談に乗り、きめ細かい対応を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 15.42 27.09 76.62 84.10
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 28.93 25.09 5.00 75.30
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 22 32.73 23.14 4.55 67.09
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 20 3.20 5.51 0.00 72.10
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 18 4.39 5.21 5.56 59.06
【評価】
大腿骨近位部骨折は、地域連携パスを用いて早期のリハビリ専門病院への転院が実現できています。
人口膝・人口股関節置換術は自宅退院を目標にしているため、やや在院日数が長くなっています。現在クリニカルパスの見直しを行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 172 7.08 6.18 1.74 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 5.43 5.70 0.00 2.66
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 62 4.66 5.94 0.00 0.92
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 59 3.88 5.50 0.00 2.53
030270xxxxxxxx 上気道炎 34 4.50 4.84 0.00 2.09
【評価】
小児科では、予防医学を含む幅広い一般診療を行い、的確な診断と分かりやすい説明に基づいて、患児とそのご家族に優しい医療に努めています。一方で、小児二次救急医療の一角を輪番制で担っています。専門外来として、小児内分泌、肥満、小児アレルギー、小児循環器の各外来を設けており、慢性疾患の長期管理にも力を入れています。重症例は大学病院等の高次医療機関と連携を図っています。
福山市周辺の井原、府中市からの患者さんの来院も多く、福山市北部地域の基幹病院として、子どもたちのために頑張りたいと思っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 89 8.37 9.75 0.00 33.62
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 36 5.17 6.37 0.00 47.33
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 27 7.89 9.67 0.00 32.52
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 25 8.08 9.91 0.00 48.12
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 24 6.42 6.28 0.00 47.08
【評価】
平成29年度の分娩件数は456件でした。産婦人科では、産婦人科一般、婦人科腫瘍、産婦人科手術全般、合併症妊娠(糖尿病、膠原病、血液疾患等)、緊急時の帝王切開など幅広く対応しています。
産科では、アドバンス助産師(日本助産評価機構認証)を中心に、妊娠中から産後まで母児にとってよりよい環境を整えるよう共に考え、寄り添うケアを行っています。2014年1月より、助産外来を開設し、「生み育てる力を育む」助産外来を目指しています。助産師による産後2週間検診も開始してます。
また、内科疾患合併の方(糖尿病、膠原病、血液疾患など)も多く受け入れています。婦人科での悪性腫瘍は、手術や化学療法などの治療だけではなく、副作用、経済的なこと、家庭のこと、精神的な辛さなど様々な心配事に対して、ソーシャルワーカーや緩和ケアチームなど多職種で連携してサポートしています。
当院は福山市北部にありますが、当院より北部の市内、隣接する府中市、岡山県井原市にもお産を取り扱う産婦人科はなく、広範囲から妊婦さんや患者さんが来られます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 13 9.31 5.15 0.00 61.77
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 12 9.50 8.01 0.00 38.42
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.84 - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.18 - -
030380xxxxxxxx 鼻出血 - - 5.79 - -
【評価】
診療範囲は、耳鼻咽喉科一般的なもので、耳垢栓塞に対する耳垢除去から中耳炎に対する内服治療、耳管通気、保存的な治療が見られない場合は、鼓膜切開や鼓室内換気チューブ挿入術なども行っております。顔面神経麻痺、突発性難聴、めまい症、扁桃炎や扁桃周囲膿瘍などの通院治療が困難な患者さんの入院治療にも対応しています。
高齢化に伴い、内科的な疾患に嚥下機能の低下を合併した患者さんもおられます。当科では電子内視鏡を用いてテレビモニターに映した状態で、嚥下の状態を確認する内視鏡下嚥下機能検査を行い、口腔外科や脳神経外科、リハビリテーション科と連携して、嚥下機能の評価とその訓練や治療にあたっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 37 - - 17 - - 1 7
大腸癌 - - - - 23 - 1 7
乳癌 12 - - - - 32 1 7
肺癌 54 29 69 159 109 483 1 7
肝癌 - - - - 11 27 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
・我が国での罹患の多い5大がん(胃・大腸・肺・乳・肝)について集計しています。
・患者数は延患者数としています。
・Stage 0のものは集計対象外としています。
・UICC7(国際対がん連合)の定める病期分類に基づき、治療前の病期(ステージ※)別に分類しています
※がんの拡がりを0期~Ⅳ期(部位により異なる)のローマ数字で表し、数字が大きくなるほど、がんがより進行していることを示します。

【評価】
当院は、平成22年から広島県指定がん診療連携拠点病院(以下、がん拠点病院)に認定されています。
がん拠点病院は、罹患率の高い5大がんに対して質の高い医療が求められています。
当院は、胃がん、大腸がんの早期がんに対して内視鏡的治療を行い、肺がんに関しては、StageⅠ~Ⅳまで幅広い治療を積極的に行っています。大腸がん、肺がん、肝がんのStageが「不明」となっている患者さんは、短期の検査入院であり、退院時までに検査結果が判明せずStage分類ができなかった件数が反映されています。
胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんの一部のStageは、症例数10未満のため表示していません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 36 8.81 56.44
中等症 102 14.87 79.21
重症 11 12 82.36
超重症 - - -
不明 - - -
【定義】
・入院契機傷病名および最も医療医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定しています。
・重症度分類は、A-DROPスコア(※)を用いており、20歳以上を対象としています。
※A-DROPとは、市中肺炎(CAP)の重症度分類のことであり、2007年に日本呼吸器学会が刊行した『成人市中肺炎診療ガイドライン』に掲載されています。重症度を分類した後、それぞれの重症度に応じた治療を選択します。数字が大きくなるほど、重症になります。

【評価】
重症度別にみると、軽症の患者さんは平均在院日数が短く、中等症~重症の患者さんは平均在院日数が長く平均年齢も高い傾向にありました。当院は、肺炎以外にも肺癌、中皮腫等胸部悪性腫瘍、肺結核の呼吸器疾患の診断・治療にも力を入れています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
【定義】
最も医療資源を投入した傷病の ICD10がI63$(※)である症例を集計しています。
※ICD-10とは、「国際疾病分類・第10回修正版」のことを意味します。死因や疾病の国際的な統計基準として、世界保健機関 (WHO) によって公表されている分類です。死因や疾病の統計などに関する情報の国際的な比較や、医療機関における診療記録の管理などに活用されています。

【評価】
脳梗塞の患者数につきまして、症例数10未満のため表示していません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 96 4.33 4.23 2.08 71.16
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 34 0.41 6.21 2.94 74.44
K654 内視鏡的消化管止血術 20 1.05 9.35 0.00 74.50
K610-3 内シャント設置術 14 17.36 31.14 28.57 72.14
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 0.62 3.46 0.00 80.46
【定義】
・同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもの(点数の最も高い手術)のみ集計します。
・輸血関連は、除外しています。創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術は除外しています。

【評価】
内科は、内視鏡的治療を積極的に行っています。最も力を入れて取り組んでいる分野が、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による、早期胃がん、早期大腸がんの治療です。従来は、外科的切除とせざるを得なかった、比較的大きながん(例えば胃では10cm程度)や解剖学的に正面視が困難な部位(噴門部、幽門部、回盲弁)の病変に対しても、内視鏡的により低侵襲に切除を行い、治癒が得られるようになってきました。さらに、中下咽頭、十二指腸や肛門管の腫瘍についても、症例が蓄積されてきています。
中でも、NBI(narrowband imaging)併用拡大内視鏡による術前観察には注力しており、性格に範囲診断を行うことにより、適応病変における正診率・完全一括切除率は100%に近い成績が得られています。
消化管腫瘍は、ESD以外にも、腹腔鏡下手術・開腹手術・化学療法・ステント留置・緩和医療など、ステージや進達度を含め、病状に応じ、治療選択は多岐に渡ります。当院では、外科と緊密に連携を行っているため、内科・外科のどちらに患者さんをご紹介いただいても最善の治療が選択できる体制です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 26 1.69 9.62 0.00 67.69
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 0.86 2.10 0.00 67.90
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 19 1.58 10.16 0.00 69.05
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14 1.00 6.86 0.00 66.29
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 0.09 3.27 0.00 35.82
従来の開胸手術では、胸を横切るように約20cm~30cm切って、呼吸に必要な筋肉を切離し、肋骨を1本~2本切断して手術を行っていましたが、胸腔鏡というカメラを胸腔内に挿入し、その画像をモニターで見ながら手術を行う胸腔鏡下手術が施行可能になってきました。当院での肺がんの手術は、完全胸腔鏡下手術を基本術式としております。完全胸腔鏡下手術での切開は、最大3cm程度であり、呼吸筋の切離も最小限ですむため術後の疼痛や機能回復もさらに良好になると思われます。
乳がんの手術では、患者さんに乳房の温存希望がある場合でも、家族内に乳がんの方が多い場合などは、あえて乳房切除を進める場合もあります。現在、シリコンインプラントを用いた乳房再建手術も保険適応となっております。残念ながら、当院では乳房再建手術は行っておりませんが、患者さんが同時乳房再建を希望される場合は、可能な施設へご紹介する選択肢も提示し、なるべく患者さんの希望に沿った治療が受けられるようにしております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 66 2.00 12.83 59.09 82.98
K0821 人工関節置換術(膝) 等 64 1.23 28.44 4.69 72.80
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 36 1.64 13.22 86.11 82.89
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 26 1.04 7.00 23.08 70.54
K0463 骨折観血的手術(足) 等 25 1.12 13.88 8.00 62.08
【評価】
整形外科の手術は、年間500件前後で推移しています。平成29年度は496件でした。高齢者の骨折、特に大腿骨近位部骨折は緊急手術を要するもので、他科と連携し受傷早期(当日~2日)には手術が出来るように努めています。人工関節置換は自宅退院を目標にしているため在院日数が長くなる傾向があります。
今後はクリニカルパスの見直し、充実を図り、また地域連携室を通じての病病/病診連携をより積極的に行いたいと思います。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 11 0.00 2.18 0.00 1.09
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 等 - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
【評価】
小児腸重積症の診療ガイドラインによると、腸重積症の年齢構成は1歳未満の乳児が半数以上を占めるとされています。当院の腸重積症整復術(非観血的)を行った平均年齢はおよそ1歳となっています。当科では、帝王切開全例に小児科医が立会い、新生児管理を行っています。新生児仮死蘇生術は10症例未満のため表示しておりません。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 73 1.00 6.58 0.00 33.90
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 53 1.19 6.92 1.89 32.51
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 42 0.90 3.31 0.00 46.79
K877 子宮全摘術 33 1.09 6.88 0.00 52.39
K867 子宮頸部(腟部)切除術 28 0.14 1.00 0.00 40.89
【評価】
当院は、総合病院のため合併症を持つ妊婦さんも受診しており、帝王切開時は小児科医が全例立ち会う体制を整えています。婦人科良性腫瘍(卵巣腫瘍、子宮筋腫や子宮腺筋症での子宮摘出など)は基本的に腹腔鏡による手術を行っています。内分泌疾患に対しては、一人一人の状況に合わせて低容量ピル、黄体ホルモン放出子宮内リング、子宮内膜焼灼術などを行っています。子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術も行っています。
また、当科では、周産期救急の教育コースALSOを開催しています。少子化が社会問題となる一方で、不妊治療・出産の高齢化・合併症妊娠等ハイリスク症例が増加しています。周産期救急に的確に対処できる知識や能力を発展・維持できるよう産後出血・新生児蘇生法・超緊急帝王切開などの救急勉強会を定期的に行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 12 1.00 8.08 0.00 36.08
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
耳鼻咽喉科では、睡眠時無呼吸症候群や慢性扁桃炎、扁桃病巣感染症に対する咽頭形成術や口蓋扁桃摘出術に対応しております。平成29年度は口蓋扁桃摘出術を12件実施しました。鼻腔粘膜焼灼術は入院・外来あわせて19件実施しておりますが、外来で実施することも多く入院実施件数が10症例に満たないため、表示しておりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.23
180010 敗血症 同一 23 0.43
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.24
異なる - -
【定義】
「播種性血管内凝固」、「敗血症」、「真菌症」、「手術・処置などの合併症」で入院された患者数と当院における平成29年度全入院に対する該当DPCコードの割合を算出しています。入院契機とは、入院のきっかけとなった傷病名を指しています。DPCコードを決定する傷病名は、入院中に最も医療資源を投入した病名(DPC病名)であり、入院契機病名とは区別されています。
表中の「同一」とは、入院契機病名とDPC病名が同じもののことを指し、「異なる」とは入院契機病名とDPC病名が違うものを指します。

播種性血管内凝固   :何らかの原因により血液が固まる力が強くなり、毛細血管に至るまで血栓が生じる全身性の重篤な病態です。
敗血症          :感染を起こしている場所から血液に病原菌が入り込み重篤な全身症状を引き起こす病態です。
真菌症          :真菌による感染症です。
手術・処置などの合併症:手術や処置部分に対し起こる症状です。医療ミスとは異なり、一定の割合で起こりうる状態であり、術前の
                 説明でもお伝えしている病態となります。
【評価】
播種性血管内凝固、敗血症は重篤な疾患であり、DPCで高額な点数が設定されています。そのため、医学的根拠に則った適切な病名選択が求められています。敗血症に関しては、感染症の患者を多く受け入れてる結果であると考えられます。
手術・処置などの合併症に関しては、内視鏡治療後の後出血や人工股関節術後の脱臼などがあります。
また、処置後の様々な合併症に対し、迅速で積極的な治療を行っています。
更新履歴
2018.9.26
病院指標を公開しました