HOME > 部署案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

ご挨拶

リハビリテーション科は、整形外科、内科、外科を中心に各診療科との連携のもと、理学療法士6名、作業療法士1名、リハビリ助手1名のスタッフで、運動器疾患、呼吸器疾患、脳血管疾患を中心とした患者さんに対して外来・入院のリハビリを行っています。

それぞれが専門性を磨きながら、患者さんにより質の高いリハビリテーションサービスを提供するために、努力を重ねています。

スタッフ紹介

  • 室長(総括主任理学療法士)1名
  • 理学療法士 5名、作業療法士1名、助手1名(2015.4)

診療の概要

  • 脳血管疾患リハビリテーション(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション

認定資格

資格 認定機構
3学会合同呼吸療法認定士 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会
糖尿病療養指導士 日本糖尿病療養指導士認定機構
介護支援専門員 広島県知事
福祉用具プランナー テクノエイド協会
心臓リハビリテーション指導士 日本心臓リハビリテーション学会

対象疾患

●運動器疾患

骨折、変形性膝関節症、変形性股関節症、関節リウマチ、腰椎ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの整形外科疾患全般

●呼吸器疾患

肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺癌などの呼吸器疾患全般

●外科術後

肺癌、乳癌、消化器外科術後などの外科術後全般

●脳血管疾患

脳梗塞、パーキンソン病 など

●心血管疾患

心筋梗塞、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患など

●がん患者

肺がん、胃がん、乳がん、血液腫瘍など

●その他

血液疾患、糖尿病など内科疾患全般

業務紹介

理学療法

理学療法とは

検査、測定/評価に基づき、何らかの疾病、傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能、および温熱、水、光線、電気などの物理療法による疼痛、循環などの改善を図る治療科学です。

また能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなどが含まれます。近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象になっています。

理学療法の内容

●運動療法

手足の関節の動きを良くしたり、筋力を回復させたり、痛みを軽減したりします。

●物理療法

温熱、電気などの物理的刺激を用いて痛みを軽減したり、循環を改善したりします。

●基本動作/日常生活指導

患者さんの状態に合わせて、実際の動作が円滑に行えるよう、繰り返し指導します。

●福祉用具選定の助言、指導

装具、杖などの選定、調整、使用法指導から住宅改修、環境調整まで幅広く対応します。

作業療法

作業療法とは

作業療法では、作業遂行障害を生じた患者さんの主体的な活動の獲得を目的に、関節を動かす訓練や力をつける訓練、手の細かい動作訓練や日常生活の動作訓練、自助具の操作訓練及び開発・作製、上肢の術後のスプリント作製・訓練などを行っています。

作業療法の内容

  • ●作業遂行障害に対しての機能訓練、日常生活動作訓練
  • ●作業活動を用いた細かい動作練習
  • ●熱可塑性プラスチックを用いたスプリント作製・スプリント療法
  • ●自助具の作製・工夫

治療の様子


  • 運動器疾患リハ


  • 呼吸器疾患リハ


  • 脳血管疾患リハ


  • 作業療法

実習生の受け入れについて

● 当院では、理学療法実習施設として理学療法長期臨床実習(6~8週間)、理学療法短期基礎実習(2~3週間)の実習生を受け入れています。

● 理学療法士/作業療法士養成校在学中の学生、理学療法/作業療法に興味のある中・高校生の見学も歓迎します。

診療実績

  脳血管 運動器 呼吸器 がん患者 心大血管 合計
平成24年度 1042 16301 4073 982 50 22398
平成25年度 1358 17710 5267 925 359 25619
平成26年度 848 18166 5061 1336 354 25765

(単位)

お知らせ

  • ●リハビリ時間:月曜日~金曜日/午前8:40~12:00、午後13:00~17:00
  • ●土曜・日曜・祝日はお休みです。
  • ●リハビリの予約・取り消し・変更などは下記までご連絡ください。
    TEL:084-970-2182(リハビリ直通)
  • ●動きやすい服装でお願い致します。
  • ●リハビリの継続には医師の診察の継続が必要となります。
  • ●他の医療機関とのリハビリの併用はできません。

リハビリ室の風景