HOME > 部署案内 > 薬剤部 > 職員教育・研修

職員教育・研修

新人研修

社会人(人間)教育」

薬剤師教育」

2つの柱

社会人(人間)教育

薬剤師としてだけでなく、社会人として求められる心得やマナーなどを学び、自律した行動をとれる社会人としての基礎を身につけてもらいます。その上でマネージメント能力、リーダーシップ能力、コミュニケーション能力等を兼ね備えた人間的に魅力ある医療の担い手として育成を目指します。

薬剤師教育

社会人教育と並行して薬剤師としての研修を受けます。プリセプター薬剤師とマンツーマンで、中国中央病院の様々なルールとともに医療の現場で働くことの責任の重さを学びます。最初の3ヶ月間は、プリセプター薬剤師と新人教育チェックリストに沿ってその日の仕事内容を振り返り、疑問点を解消していきます。細やかな指導を行い、1年目から病棟に配属します。この時期に自ら問題点を見いだし、解決策を考え、実践し、振り返り、評価し、試行錯誤を繰り返しながらよりよいものにしていくということをしっかり学んでもらいます。

継続研修(スキルアップ研修)

入職後3年程度はジェネラリストとして研鑚をつみ5年目には認定薬剤師の資格が取得できるように支援しています。

「ジェネラリスト」から

「スペシャリスト」

薬剤部内勉強会

月に数回、新薬や新規採用薬などの勉強会や、薬剤管理指導で経験した症例の共有や疾患・治療について勉強して発表するカンファレンスを開催しています。

院内講習会

・全職員を対象とした医療安全対・感染防止講習会

・Web講演会

院外講習会

・広島県病院薬剤師会講習会

・その他 医師会協賛の講演会

資格取得奨励支援制度

やる気のある職員を応援するため、各種の認定・専門薬剤師(がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、NST専門療法士など)の資格を取得する際の支援制度があります。積極的に資格取得してもらうために、費用の一部を病院が助成します。

がん薬物認定薬剤師研修

岡山大学、広島大学、九州大学

NST専門療法士研修

岡山大学、川崎医大