HOME > 部署案内 > 薬剤部 > 保険薬局の方へ

保険薬局の方へ

院外処方せんへの検査値記載について

地域保険薬局との連携の一環として、過去3ヶ月以内に測定された直近の検査値を院外処方せんに記載することといたしました。保険薬局において患者さんの検査値を参照されることで、適正で安全な薬物療法推進につながるものと考えます。保険薬局各位のご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

血がん化学療法の代表的なプロトコール名公表について

院外処方せんへの検査値表記と併せて、外来化学療法室で治療を行っている患者さんについては、プロトコール名も併記することとしました。
抗がん剤治療を考慮した上での 検査値理解と副作用モニタリング にお役立て頂けたら幸いです。

胃がん
血液がん
大腸がん
肺がん
乳がん
婦人科がん
膵がん
食道がん
頭頚部がん

院外処方せんについて

当院では、医薬品の適正使用と有効性・安全性を高めるための医薬分業を実施するため、全面的に院外処方箋を発行させていただいております。
受診時には必ず「お薬手帳」を持参するよう患者にご指導の程、よろしくお願いします。

残薬のお願い

平成28年度の診療報酬改定で処方箋の下の方に2択のチェックボックスが追加されるようになりました。当院では医師と相談し、可能な限り保険薬局の先生方に残薬チェックをお願いしたいと考えております。

保険薬局で、残薬があると回答した患者さんには、次回受診日に残数をもってくるようにご指導の上、残薬報告書を中国中央病院薬剤部までFAXください。 そして、次回、残薬を持参された患者さんが、当日の日数調整を希望されたら「疑義照会」で、次回でいいと言われた場合は「トレースレポート」でご報告ください。トレースレポートの場合は、次回診察時に医師に情報提供させて頂きます。お忙しいところ申し訳ありませんが、ご協力の程よろしくお願いします。

★疑義照会について

平日9:00~17:30/必ずFAXにて、 照会票 と院外処方せんを薬剤部まで送付ください。
上記以外で緊急時/電話連絡( 084-970-2121)をお願いします。

★インシデント/アクシデント

保険薬局でインシデント等が発生した場合は、速やかに インシデント報告書 に必要事項を記載し、処方せんと合わせて薬剤部までFAXしてください。
なお緊急を要する場合は、電話連絡(084-970-2121)をお願いします。

★院外処方関連書類

★院外処方せん関連リンク

PDFファイルを閲覧・印刷するには、無償のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社のホームページよりダウンロードしてください。