HOME > 部署案内 > 看護部 > 認定看護師

認定看護師

認定看護師

感染管理認定看護師

病気の回復を妨げる感染症を未然に防止し、患者さんが 安心して入院生活を過ごすことができるように環境を整えています。

感染率の調査をしたり、職員に対して感染予防対策の啓発や講習会を開催しています。

臨床現場を巡回し、感染予防 対策が正しく実践できているか評価し、指導や効果的な感染予防対策を一緒に考えて います。

がん化学療法看護認定看護師

抗がん剤などの薬物療法が、安全に適切に受けられるように、副作用症状のマネジメント及びセルフケア支援を行います。

化学療法を受ける患者さんとご家族が、安心して治療を 継続して受けられるよう、心理社会的支援を行います。

「安全・確実・安楽な化学療法」を実践するために、研修会等を通して、看護職員に指導しています。

糖尿病看護認定看護師

糖尿病を抱えて生活をされている患者さん、そのご家族の思いを知り、ともに考えることで療養生活を支援します。

糖尿病患者さんが自己管理行動ができるよう必要な情報提供を行うとともに、インスリン注射、血糖測定などができるよう支援します。

足病変の重症化を予防するためフットケアを行い、自分の足を自分自身でケアできるよう支援します。

皮膚・排泄ケア認定看護師

褥瘡や皮膚障害などの創傷改善のために環境を整え適したスキンケアを実践、指導します。

ストーマ保有者の持つ問題を一緒に解決し、安心して生活が送れるように支援します。

病気や手術による尿漏れや便漏れに対する排泄管理方法の指導、皮膚障害の改善や予防を提案し、支援します。

緩和ケア認定看護師

病気の時期に関係なく、がんと診断された時から患者さんやご家族が安心して治療を継続して受けられるように、そしてその人らしく療養生活が送れるように支援します。

患者さんの抱えているつらい症状や気持ちのつらさ、そして生活の中でお困りのことへの対処方法を一緒に考えてきます。またご家族自身の不安や気がかりな事へののサポートも行ないます。

患者さんご家族中心に、医師、看護師、臨床心理士などによるチームで支援します。

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛は、がん患者さんに起こるとても辛い症状のひとつです。がんを起因とする苦痛を持つ患者さんやそのご家族が、安心してその人らしい生活を送れるようサポートするのが私の役割です。

痛みを和らげる方法やお薬の選択において、患者さんやご家族の希望を伺い、薬剤の適切な使用と効果を評価します。また、痛みを和らげる最善の方法を検討し、効果的な疼痛緩和が行えるよう支援していきます。