HOME > 部署案内 > ケアサポートチーム > 口腔ケアチーム

口腔ケアチーム

概要

口腔ケアとは

口腔ケアとは、口腔清掃、歯石の除去、義歯の調整・修理・手入れ、簡単な治療などにより口腔の疾病予防、摂食・嚥下・会話などの口腔機能の維持・回復、健康の保持増進、誤嚥性肺炎や人工呼吸器関連肺(VAP)の予防さらにQOL(生活の質)の向上を目指した技術のことをいいます。このような口腔ケアを行うことで、手術、抗がん剤治療、放射線治療などのがんの治療を受けられる患者さまの口の中のさまざまなトラブルを防止することができ、がん治療の治療成績の向上につながるといわれています。

口腔ケアチームスタッフ紹介

歯科口腔外科医師、看護師、歯科衛生士、放射線技師、薬剤師、栄養士、医事課で構成されたチームです。

活動目的

  • 口腔内感染による原疾患の治療の遅延や合併症を予防し、良質の医療を提供する。
  • 多職種と連携を図り、口腔ケアに対する知識および技術の向上と手技の統一を目標に取り組む。

活動内容

  • 主治医や病棟スタッフから依頼を受け、口腔ケアを行っている患者の問題点を把握し、質の高い口腔ケアを目指す。
  • 院内スタッフに対して研修会及び実践セミナーを開催し、口腔ケアの重要性を周知し、技術を高める。
  • 各病棟間の情報共有のため、口腔ケアリンクナースによる定期的なミーティングを行い、問題点の把握と改善を行う。