HOME > 部署案内 > ケアサポートチーム > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアとは

がんと診断された患者さまが、できる限り治療を続けられるよう、また、できるだけ自分らしい生活が送れるよう、病気と診断された早期から患者さま・そして患者さまを支えるご家族をサポートさせていただくケアです。

自分らしい生活を送るためには、がんやがん治療に伴う様々なつらい症状を緩和したり、また不安や気持ちの落ち込みを軽減させたり、社会生活や家族の問題を一つずつ解決していくことが大切です。このような様々な問題を一緒に考えサポートし、患者さまのQOL〈生活の質〉を高めることが緩和ケアの目指すところです。

緩和ケアチームについて

緩和ケアチームは患者さまの痛みのなどの身体症状の緩和、精神的な不安の緩和、日常生活や社会生活への援助、そして患者さまを支える家族のケアを行っています。

多職種(主治医・緩和ケア担当医師・薬剤師・看護師・心理士・理学療法士など)による視点から、専門性を活かして解決策を考え主治医や病棟・外来看護師と一緒にケアを提供していきます。つらい症状を緩和し、自分らしい生活が送れるよう私たち緩和ケアチームにもお手伝いさせてください。

提供できる緩和ケアの「5つの支援」

①がんと分かったら・・・
あなたのつらさに耳を傾けます

②これからの治療を決めるとき・・・
必要な情報を提供し、あなたとともに治療を考えます

③つらさや痛みが強い時・・・
身体や心などの様々なつらさを和らげます

④つらさや痛みが続く時・・・
専門のスタッフが相談させていただきます

⑤治療や療養の場所は・・・
ご希望に沿うように相談させていただきます

メンバー

  • 医師:鷲尾 一浩(呼吸器外科)
  • 医師:池田 元洋(呼吸器内科)
  • 医師:大塚 由有子(産婦人科)
  • 緩和ケア認定看護師:田原 由季・細井 直子
  • 薬剤師:河本 敏貴・荻原 好章
  • 理学療法士:片山 尚子
  • 臨床心理士:田村 愛夕美

活動内容

  • 緩和ケア外来 毎週木曜日
  • チームメンバーによる病棟回診およびカンファレンス
  • 緩和ケア学術講演会2回/年 PEACE研修開催

相談方法について

  • 相談を希望される場合には、主治医または病棟・外来看護師へお申し出ください。
  • または、がん相談支援センターでもご相談ください。
  • 相談を希望される方は、この用紙を印刷、記入してお持ちください。

入院されている方、外来通院中の方、どなたでもご相談いただけます。いつでも気軽にご相談ください。

がんサロンについて

  • 毎月1回(第3木曜日)
  • 病院内:講堂B
  • 時間:14時~15時まで

患者さんとご家族の皆様が、お茶を飲みながら安心して 思いを語り合え、また病気に関する知識や情報交換が できる場所を目指しています。お気軽に参加してください。

※お問い合わせは、地域連携室または緩和ケアチームまでお願いします。

がん情報コーナーについて

1階 ロビーへ設置しています。

病気に関する冊子を置いています、冊子はご自由にお持ち帰りください。

がん関連書籍コーナーについて

がん関6階ちゅうちゅう文庫へ設置しています。

がんに関する書籍を置いています。
入院患者様は貸し出しできます。

< ちゅうちゅう文庫利用時間 >
火曜日・木曜日
9時半~11時半まで