中国中央病院 医師臨床研修サイト > 初期臨床研修のご案内 > 初期臨床研修のプログラムについて

Initial Program 初期臨床研修のご案内

初期臨床研修のプログラムについて

当院の臨床研修では医学会の認定医・専門医の資格を有する医師から細やかな指導を受けることが出来ます。中規模病院の特性を活かし、近隣の研修協力病院との連携の下に、みなさまが悔いのない充実した研修が受けられるよう指導体制を築いています。快適な環境の中で、多くの症例や治療が経験できる当院で学んでみませんか。

プログラムの名称

中国中央病院臨床研修プログラム

プログラムの特色

プライマリ・ケアの基本的診療能力(態度、技能、知識)の養成を目的とし1年次に基本的科目の内科、救急医療、外科で研修をします。2年次では選択必修を選択2ヶ月、地域医療、将来専門とする診療科を中心に関連の診療科での研修をします。

医療に関する幅広い知識を学び、日常診療で頻繁に遭遇する病気や疾患への対応能力を身に付け、一人一人の生命の尊厳と人格を尊重する全人的な医療が実行できる基礎を養成します。さらに、医療安全への配慮に関しても修得できます。

プログラムの特色

プログラムの概要

研修目標(基本目標、基本方針)

(1)研修理念(基本方針)

中国中央病院では、プライマリ・ケアの基本的診療能力(態度、技術、知識)の養成を目的とし、当院及び大田記念病院、福山循環器病院で救急医療、前原病院、神石高原町立病院で地域医療を研修する。さらに体験、学習できなかった分野(小児科、産婦人科、精神科、地域保健、整形外科、麻酔科、皮膚科、泌尿器科、循環器内科、眼科)については希望に応じ、選択期間で研修可能である。医療に関する幅広い知識を学び、日常診療で頻繁に遭遇する病気や疾患への対応能力を身につけ、一人ひとりの生命の尊厳と人格を尊重する全人的な医療が実行できる基礎を養成する。医療安全への配慮も修得する。

(2)到達目標(基本目標)

  • (ア)内科
    入院患者を指導医と共に受け持ち、内科の基本的技能と主要疾患に関する知識と診療技術を学ぶ。また、外来診療も研修する。2年間で厚生労働省の経験目標Aの基本的診察法、基本的検査法、基本的手技、基本的治療法と経験目標Bの経験すべき症状・病態・疾患について各指導医の下で研修する。さらに、救急医療、予防医療、緩和終末期医療、患者・家族との関係(インフォームド・コンセント)、チーム医療、文書の作成・記録、治療計画なども修得する。(なお、救急医療、神経内科については、脳神経センター大田記念病院にて、また救急医療、循環器については、福山循環器病院にても研修する。)
  • (イ)外科
    初期医療における外科的応急処置を施行することができ、また外科的疾患についての検査、手術適応の判断を行い、確実な手術、術後管理ができるようにするための基本的な知識、技能、態度を修得する。脳神経外科、脳血管障害については、脳神経センター大田記念病院にて研修する。
  • (ウ)麻酔科
    麻酔科においては、各科手術の麻酔(特に全身麻酔)の基本について研修し、その研修を通じて救急蘇生における各種処置が実践できるようになることを基本的目標とする。
  • (エ)救急部門
    当院で1ヶ月、脳神経センター大田記念病院で1ヶ月、福山循環器病院で1ヶ月、救急医療を研修する。
  • (オ)小児科
    小児の特性、小児の診療および疾患の特性を学び、理解する。新生児から小児に至るこどもの正常な発育と対応の仕方を学ぶ。保護者から診断に必要な情報を的確に取得し、症状と所見を正しくとらえる能力を養う。症状の急速な悪化に対応し、緊急処置ができる能力を修得する。
  • (カ)産婦人科
    産科及び婦人科の基本的知識の学習理解と診療手技の修練を研修することで代表的疾患の診断治療を行うと共に、救急患者に対して適切な初期治療と患者及び家族にも適切な対応が取れるようになること。産婦人科スタッフ及び他の部署のスタッフと協力して診療しうるようになること。分娩に関しては、20件以上を経験させること。
  • (キ)精神科
    福山こころの病院又は光の丘病院又は福山友愛病院にて研修する。
  • (ク)地域医療
    前原病院、神石高原町立病院にて研修する。
  • (ケ)眼科
    三好眼科にて研修する。
  • (コ)泌尿器科
    小畠病院にて研修する。

当直について

月約2〜3回

研修医の処遇

身分 非常勤職員
給与 実績平均額(税込み)
給与【1年次】400,000円/月 【2年次】460,000円/月
賞与【1年次】380,000円/年 【2年次】530,000円/年
(年収【1年次】7,320,000円~ 【2年次】8,510,000円~)
勤務時間 週40時間(8:30-17:15)
年次有給休暇 【1年次】10日/年 【2年次】11日/年
特別休暇 夏季有給休暇5日ほか
時間外勤務に関する事項 超過勤務手当等有り
宿泊施設 職員宿舎又は近隣の借上げマンション等を貸与する。
(本人の希望を優先します。)
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険及び労災保険の被保険者とする。