HOME > 診療科のご案内 > 外科 > 乳腺外科

外科のご案内

乳腺外科

診療の概要

当院では乳癌検診、精密検査、手術、化学療法、放射線治療など乳癌の診断・治療に関して基本的なことは全て行えることを目標としています。
マンモグラフィの撮影・読影は、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定試験でBランク以上の放射線技師・医師が行っています。
超音波検査はJABTS主催の乳房超音波講習会を受講した臨床検査師・医師が行っています。
乳腺造影MRIも積極的に活用し、良悪性の鑑別、多発・両側乳癌の発見に役立てています。
他の画像診断で異常なく、血性乳頭分泌のみ認める場合は乳管鏡検査も行っています。
診断確定には、穿刺吸引細胞診、針生検、ステレオガイド下マンモトーム生検を行っています。
悪性の場合はホルモンレセプター、HER2なども検査し、術前化学療法の適応についても検討しています。
手術は、適応があれば乳房温存手術、センチネルリンパ節生検を積極的に行うようにしています。
医師はもちろん、その他のスタッフもそれぞれの機会に患者さんの元を訪れ、悩みに応え、相談に乗り、きめ細かい対応を行っています。

診療実績《H27年度実績》

手術件数(乳癌手術に限る) 33件
癌化学療法件数 39件
放射線療法件数 23件

乳房撮影

ただいま準備中です。

医師紹介

大多和 泰幸(おおたわ やすゆき):外科医長

  • 【出身大学】
    岡山大学 医学部
    【専門】
    乳腺外科
    【所属学会及び資格】
    日本外科学会(専門医)、日本乳癌学会(認定医)、日本消化器内視鏡学会(専門医・指導医)、日本大腸肛門病学会(専門医)、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、検診モンモグラフィ読影認定医師、麻酔科標榜医、乳癌検診制度管理委員会認定医、日本がん治療認定医機構(認定医)
    【現在の科を選んだ理由】
    検診、精密検査、手術、薬物治療、再発治療、緩和ケアなど様々な分野で、患者さんにかかわっていくことができるため。
    【座右の銘】
    誠実
    【医師からのひとこと】
    主に乳がんの検診・精密検査・治療を担当しています。