中国中央病院呼吸器内科

当科では、個々の患者さんの状態を考慮しつつエビデンス(科学的根拠)に基づく質の高い診療を心がけております。

HOME > 診療科のご案内 > 内科 > 呼吸器内科
呼吸器内科のご案内

呼吸器内科の領域肺癌や肺炎、気管支喘息等を担当

呼吸器内科では、肺癌等の悪性疾患、肺炎・肺結核等の感染症、気管支喘息等のアレルギー疾患、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等のびまん性肺疾患と、ほぼすべての領域の呼吸器疾患の診療を行っています。

呼吸器疾患についても他の領域と同様にチーム医療が不可欠です。毎週木曜日に開催している呼吸器カンファレンスでは、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・ソーシャルワーカーといった多職種が参加し、入院および外来の患者さんの治療方針についての検討を行っています。また、呼吸器外科や放射線科とも密な連携をとっています。気管支鏡検査によって呼吸器内科で肺癌と診断された症例は、切除可能であれば呼吸器外科で手術が行われ、再発予防のための術後補助化学療法は呼吸器内科で行うという一連の流れでの治療も行っています。

当科の特色チーム一丸となっての治療

●肺がんの治療
呼吸器内科に入院する患者さんの60%以上が肺癌に罹患した方です。肺癌の内科的治療としては、従来の細胞障害性抗癌剤に加え、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤を積極的に使用しています。気管支鏡検査等による確定診断時にEGFR遺伝子変異・ALK遺伝子転座・ROS1遺伝子転座といった遺伝子異常や免疫チェックポイント阻害薬であるPD-1阻害剤の効果を予測する目的でのPD-L1の免疫染色等を一括して行っています。それらの検査結果を踏まえ、症例毎に最も効果が期待出来る薬剤を選択する個別化治療を行っています。その結果、最近では診断時に遠隔転移を有する肺癌症例であっても3年、5年といった長期生存が得られる症例が増加してきています。

●気管支サーモプラスティ
気管支喘息は、吸入ステロイド療法の普及により入院加療が必要となる症例が著しく減少しています。しかし、未だコントロールに難渋している症例もあります。重症難治性の気管支喘息に対して、IgEやIL-5の抗体といった分子標的治療薬の投与も行っています。また、2017年から気管支鏡を用いて気管支に高周波通電を行う気管支サーモプラスティも導入(広島県内では3施設のみ)しています。高周波通電により気管支壁を約65℃まで温めると、気管支壁内の平滑筋が薄くなります。このため難治性喘息により狭くなっていた気管支内腔を広がり、喘息症状を改善する治療です。1セット3回の治療を行うと、その効果は約5年持続するとされています。

●禁煙外来
禁煙外来は、禁煙出来ずに困っている方を手助けする外来です。喫煙が健康を損なうということが周知され、下図のようにわが国での喫煙率は低下してきていますが、現実には禁煙したいと考えていても禁煙出来ない人もいます。肺癌や慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった疾患では、喫煙と発病との因果関係が明らかであり、呼吸器内科の領域のほぼ全ての疾患では喫煙により病状が悪化してしまいます。 禁煙したいけどまだ出来てないという方は、「禁煙外来」を一度受診してみて下さい。

呼吸器内科【平成28年度診療実績】

入院患者 1289名
肺癌その他胸部腫瘍 833名 肺炎・気管支炎等 133名
睡眠時無呼吸症候群  32名 間質性肺炎 40名
肺結核 31名 気胸 9名
気管支喘息 12名 気胸 9名
COPD 5名 肺真菌症 5名
肺非結核性抗酸菌症 13名 その他悪性腫瘍 39名
その他 137名 気管支鏡検査 245名
気管支鏡検査 220件

医師紹介専門・資格

上岡 博(うえおか ひろし)
上岡 博(うえおか ひろし)病院長
出身大学 岡山大学 医学部
専門 肺癌の診断と治療
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医)、日本癌学会、日本癌治療学会(功労会員)、日本呼吸器学会(功労会員)、日本呼吸器内視鏡学会、日本肺癌学会(名誉会員)、日本臨床腫瘍学会、International Association for the Study of Lung Cancer(IASLC),American Society of Clinical Oncology(ASCO)
現在の科を選んだ理由 癌で苦しまれる患者さんのお役に立ちたいと考えた
座右の銘 和して同せず
医師からのひとこと 広島県東部基幹病院として患者さんに信頼される医療を提供します。
玄馬 顕一(げんば けんいち)
玄馬 顕一(げんば けんいち)副院長 呼吸器内科・腫瘍内科部長 地域連携室長
臨床研究・治験管理室長 臨床研修責任者
出身大学 岡山大学 医学部
専門 呼吸器内科、腫瘍内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・指導医)、日本呼吸器学会(専門医・指導医)、日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)、日本肺癌学会(評議員)、日本呼吸器内視鏡学会(評議員・気管支鏡専門医・指導医)、日本職業災害医学会(評議員)、日本感染症学会(ICD)、日本医師会認定産業医、岡山大学医学部医学科臨床准教授
現在の科を選んだ理由
座右の銘
医師からのひとこと 肺癌、中皮腫等胸部悪性腫瘍の診断・治療を中心に呼吸器疾患の診療を行っています。
長門 直(ながと ただし)
長門 直(ながと ただし)内科部長
出身大学 九州大学 医学部
専門 感染症、総合診療、内科救急
所属学会及び資格 日本内科学会(指導医・総合内科専門医・認定医・JMECCインストラクター)、日本臨床内科医会(専門医・認定医)、日本プライマリ・ケア連合学会(代議員・指導医・認定医)、日本病院総合診療医学会(指導医・認定医)、日本感染症学会(指導医・専門医・インフェクションコントロールドクター)、日本化学療法学会(抗菌化学療法指導医・抗菌化学療法認定医・抗菌薬臨床試験指導医・抗菌薬臨床試験認定医)、日本旅行医学会(認定医)、日本救急医学会(救急科専門医・救急外来における感染対策検討委員会委員・ICLSコースディレクター・ICLSインストラクター・ JATECインストラクター・JPTECインストラクター)、日本蘇生学会(評議員・指導医)、日本集団災害医学会(MCLS管理世話人・MCLSインストラクター)、アメリカ心臓協会〈AHA〉(ACLSインストラクター・BLSインストラクター)、日本静脈経腸栄養学会(学術評議員・認定医・NST専門療法士指導医・TNT研修会講師・PDN/JSPEN認定教育施設合同セミナー講師)、社会医学系専門医協議会(指導医)、日本医師会(認定産業医)、日本医師会(認定健康スポーツ医)、5学会合同救急外来部門における感染対策ワーキンググループ(委員)、緩和ケア指導者研修会(緩和ケアの基本教育)修了、NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)サーベイヤー
現在の科を選んだ理由 実家が呼吸器科の病院であったこと、化学療法の進歩により胸部悪性腫瘍に対する内科的治療が期待出来るようになったこと
座右の銘 知行合一 努力に勝る天才なし
医師からのひとこと 呼吸器感染症を主とした感染症診療・総合診療/内科救急を専門としています。他診療科やスタッフと協力しながら、病院の質の向上に努めていきたいと考えております。
尾形 佳子(おがた よしこ)
尾形 佳子(おがた よしこ)内科医長
出身大学 岡山大学 医学部
専門 呼吸器内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本アレルギー学会、日本呼吸器学会、結核病学会
現在の科を選んだ理由 呼吸器疾患の多様性に興味を持ったから。
座右の銘 一期一会
医師からのひとこと よろしくお願いします。
池田 元洋(いけだ げんよう)
池田 元洋(いけだ げんよう)内科医長
出身大学 川崎医科大学 医学部
専門 呼吸器内科、アレルギー
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・専門医)、日本アレルギー学会(専門医)、日本医師会認定産業医、インフェクションコントロールドクター、日本呼吸器内視鏡学会(専門医)、日本消化器内視鏡学会(専門医)、日本呼吸器学会(専門医)、日本消化器病学会
現在の科を選んだ理由 自分が喘息だったから
座右の銘 後生大事
医師からのひとこと 初心にかえりがんばります。
八杉 昌幸(やすぎ まさゆき)
八杉 昌幸(やすぎ まさゆき)内科医長
出身大学 岡山大学 医学部
専門 呼吸器内科、腫瘍内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医)、日本呼吸器学会、日本臨床腫瘍学会(専門医)、日本がん治療認定医機構(認定医)、日本肺癌学会、日本呼吸器内視鏡学会
現在の科を選んだ理由 呼吸器疾患に興味を持ったから
座右の銘 熱い心に冷たい頭、動く手足に動かぬ肚
医師からのひとこと 病に立ち向かう支えとなれるように頑張ります。
松本 千晶(まつもと ちあき)
松本 千晶(まつもと ちあき)内科医員
出身大学 三重大学
専門 呼吸器内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本肺癌学会
現在の科を選んだ理由 感染症、膠原病、悪性腫瘍、アレルギーと取り扱う疾患が多岐にわたっており色々勉強になりそうだったので。
座右の銘 ローマは1日にして成らず
医師からのひとこと がんばります。
久保 寿夫(くぼ としお)
久保 寿夫(くぼ としお)非常勤医師
出身大学 岡山大学
専門 呼吸器内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・総合内科専門医)、日本呼吸器学会(専門医・指導医)、日本臨床腫瘍学会(専門医・指導医)、日本がん治療認定医機構(認定医)、日本緩和医療学会、日本呼吸器内視鏡学会
現在の科を選んだ理由 特にがんと闘っている患者さんの力になりたいと思ったから。
座右の銘 平安喜楽 十分幸福
医師からのひとこと みなさまのお役にたてるよう頑張ります。