医療関係者さまへ

当科では、個々の患者さんの状態を考慮しつつエビデンス(科学的根拠)に基づく質の高い診療を心がけております。

HOME > 診療科のご案内 > 血液内科 > 医療関係者様へ
医療関係者さまへTo medical personnel
医療関係者さまへ

血液内科とは

近年の分子生物学の進歩と移植医療により悪性血液疾患の進歩には目覚ましいものがあります。特に血液内科領域では、悪性リンパ腫におけるリツキサン、慢性骨髄性白血病におけるグリベックに代表される分子標的療法の効果には著しいものがありました。その後も、次々と新たな抗がん剤・分子標的薬が保険適用として認可され、診療の幅はますます広がっております。

当院ではこれらの新しい治療を取り込みながら、個々の患者さんの状態を考慮しつつ、エビデンスに基づく質の高い診療を心がけております。血液内科領域の良性疾患(血友病、特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、骨髄増殖性疾患など)、悪性疾患(急性・慢性白血病、骨髄異形性症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)問わず、全ての疾患を診療しております。

当科の特色

医療関係者さまへ

当科は備後地区・岡山西部地区の約100万人の血液疾患の患者を集約的に診療しております。血液内科病床は52床、無菌室10床を担っていますが、血液内科入院患者は常時75名程度となっております。

スタッフは平成29年1月現在6名、非常勤2名で担当しています。血液専門医・造血細胞移植認定医・輸血専門医・がん薬物療法専門医等の専門医、日本成人白血病治療研究グループ(JALSG)運営委員なども担当しております。また医師だけではなく、認定検査技師、認定アフェレーシスナース、認定臨床輸血看護師、細胞治療認定管理し、認定血液検査技師と、コメディカルの専門性も高いことが特徴です。

診療実績

  • 急性白血病 新規症例数
    急性白血病 新規症例数
    (平成28年現在まで)
  • 多発性骨髄腫・非ホジキンリンパ腫 骨髄異形性症候群 新規症例数(平成28年現在まで)
    多発性骨髄腫・非ホジキンリンパ腫
    骨髄異形性症候群
    新規症例数(平成28年現在まで)
  • 急性白血病 新規症例数 (平成28年現在まで)
    特発性血小板減少性紫斑病・再生不良性貧血 新規症例数
    (平成28年現在まで)
  • 造血幹細胞移植 症例数 イメージ1
  • 造血幹細胞移植 症例数 イメージ2

造血幹細胞移植
症例数(平成28年9月現在まで)

臨床研究・開発治験

当科では多くの臨床研究・開発治験に参加しており、その数は全国でもトップレベルです。IRB承認済みで現在行っている臨床研究はJALSGやJSCT研究会など全て含めて56案件(平成28年10月現在)、開発治験はPhase1~3まですべて含めて23案件稼働中で、新規に5案件現在検討中です(平成28年10月現在)。

  • 新規の開発治験(平成29年10月現在まで)

新規の開発治験(平成29年10月現在まで)

治験への取り組み

血液内科領域では、急性骨髄性白血病に対するFLT3-ITD阻害薬、ホジキンリンパ腫に対するPD-1阻害薬、多発性骨髄腫における抗CD38モノクローナル抗体等々、各疾患に対して新規薬剤が目まぐるしい勢いで開発されています。しかしながら、海外での輝かしい治療成績をみる反面、本邦での使用には時差が生じ、目の前の患者さんに適応ができない歯がゆさを、血液内科の先生方は経験したことがあると思います。当科では有望な新規薬剤の治験やJALSGを始めとした全国規模の臨床研究に積極的に参加しております。当科の実績をご紹介させて頂いておりますので、下のリンクからご確認ください。

>>現在進行中の治験一覧

>>過去の治験一覧

アーカイブetc.

こちらは当科から学会・論文発表させて頂いた情報のアーカイブです。

2017.7.21
第39回 日本造血細胞移植学会ランチョンセミナー11
   『新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略』
2016.3.31
post-ET MF症例に対するRuxolitinibに使用経験
2015.10.16
第77回日本血液学会学術集会
2014.7.17
第12回JSMO掲載 第12回 日本臨床腫瘍学会学術集会
2013.10.2
第75回日本血液学会学術集会

医師紹介

木口 亨(きぐち とおる)
木口 亨(きぐち とおる)血液内科部長
出身大学 鹿児島大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・専門医・指導医・中国支部評議員)、日本血液学会(専門医・指導医・中国四国地方会評議員)、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ、監査役)、日本造血細胞移植学会(認定医)、日本輸血・細胞治療学会(認定医・細胞治療認定管理師)、日本臨床腫瘍学会(専門医・指導医)
現在の科を選んだ理由 ①専門性が高いため、必要とされる
②化学療法(移植含む)で唯一治癒が期待できるので、希望がある
③研究向きの分野
座右の銘 破顔一笑
医師からのひとこと 地方にあっても、世界に冠たる病院を目指したい。
瀬﨑 伸夫(せざき のぶお)
瀬﨑 伸夫(せざき のぶお)臨床検査科(診療系)部長
出身大学 高知医科大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
現在の科を選んだ理由 全身管理が必要な専門科であるから。
座右の銘 一期一会
医師からのひとこと 主に血液内科診療を行っています。個々の患者さんにあった医療を心がけています。
増成 太郎(ますなり たろう)
増成 太郎(ますなり たろう)内科医長
専門 内科、血液内科、輸血細胞治療、抗菌化学療法
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・専門医・指導医)、日本血液学会(専門医)、日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医)、日本化学療法学会 (抗菌化学療法認定医・指導医・抗菌薬臨床試験指導医・認定ICD)、日本輸血・細胞治療学会(認定医・細胞治療認定管理師・I&A視察員)、日本がん治療認定医機構(認定医)、日本造血細胞移植学会、骨髄移植推進財団調整医師、広島県がん対策サポートドクター
現在の科を選んだ理由 目の前の患者さんに夢中で対応して今に至っています。
座右の銘 「人生の目的は、 すべてをやりとげることではなく、 その一歩ずつの過程を愉しみながら、 愛情のある暮らしを送ることにある」 R・カールソン。
医師からのひとこと 老い、病み、逝く当事者として、生病老死という人生の四季に寄り添える医師でありたいと思っています。
黒井 大雅(くろい たいが)
黒井 大雅(くろい たいが)内科医長
出身大学 岡山大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医)、日本血液学会(専門医)
現在の科を選んだ理由 化学療法に興味があり、上司に恵まれたため。
座右の銘 諸行無常
医師からのひとこと がんばります。
浦田 知宏(うらた ともひろ)
浦田 知宏(うらた ともひろ)
出身大学 岡山大学
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医)、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
現在の科を選んだ理由 診断から治療まで、全ての診療に携わることができる。
座右の銘 何かを学ぶのに、自分自身で経験する以上に良い方法はない。アインシュタイン
医師からのひとこと 少しでも多く、患者さんによりそった診療をして参ります。よろしくお願いします。
神原 由依(かんばら ゆい)
神原 由依(かんばら ゆい)内科医員
出身大学 岡山大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本血液学会
現在の科を選んだ理由 化学療法、分子標的薬などの分野に興味があったから
座右の銘 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ。(ヨハネによる福音書12章24~25節)
医師からのひとこと 患者さんとの時間を大切にしながら、自分にできることを精一杯行いたいです。
山本 晃(やまもと あきら)
山本 晃(やまもと あきら)内科医員
出身大学 岡山大学 医学部
専門 内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医)、日本血液学会、日本医学教育学会
現在の科を選んだ理由 先輩医師の働いている姿を見て。研究に向いていると思った為
座右の銘 最も高貴な娯楽は理解する喜びである(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
医師からのひとこと よろしくお願いいたします。