中国中央病院血液内科

当科では、個々の患者さんの状態を考慮しつつエビデンス(科学的根拠)に基づく質の高い診療を心がけております。

HOME > 診療科のご案内 > 血液内科
血液内科のご案内To patients
血液内科とは

血液内科とは貧血・出血傾向・リンパ腺の癌を担当

内科の病気の中で血液や骨髄、リンパ腺に起こる病気、とくにいろいろな貧血、出血傾向、血液やリンパ腺のがん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)などを担当する診療科です。内科の中では消化器・呼吸器・循環器の病気や糖尿病などと違って、頻度の少ない病気を担当しますので、国内でも常勤の専門医がいる施設は700余しかありません。しかしながら取り扱う病気はとても重いものが多く、特殊な知識、対応が要求されますので、専門医の治療を受ける必要があります。

木口先生

症状がなくとも、健診や人間ドックで赤血球、白血球、血小板といった血液中に流れている細胞成分が異常に多かったり、少なかったりした場合には血液内科で原因を調べることになります。症状としては、貧血(息切れ、体のだるさ、頭痛、ふらつきなど)、発熱(かぜといわれてお薬を飲んでいてもなかなかよくならないときなど)、出血傾向(あざができやすい、歯ぐきから血が出て止まりにくいなど)、リンパ節腫脹(くびやわきの下、足の付け根の所にしこりが触れるなど)が代表的です。かかりつけ医でご自分の症状をお話しし、血液検査を受けてみてください。結果から血液内科の病気が疑われる場合には、紹介状を書いてもらえるはずですので、それを持参して受診ください。もしあれば、ご自分の健康診断や人間ドックのときの検査成績もかならずご持参ください。

患者さまと木口先生
当科の特色

当科の特色最新の知見とチーム連携

血液内科領域では、分子標的薬、抗体医薬品などを取り入れた新しい治療法が、急速に発展しており、当科でもそれらに対応するため、経験豊富な専門医が協力し、最新の知見を取り入れる取り組みを行っています。一方では、先進的な治療を実践するだけでなく、患者さまやご家族が納得できる治療を、ご相談させていただきながら進めることも重要と考えています。

ミーティングの様子

入院生活を心地よく過ごしていただくために、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどがチームを組んで連携を密にすることで、一人ひとりの患者さまに合わせた医療サービスが提供できるように努めています。当科でのこれまでの取り組みが評価され、メディア・専門誌等の取材も増えております。

ミーティングの様子
先生同士のやり取り

メディア掲載情報

  • 2017.1.8”分子標的薬 高い効果”読売新聞
  • 2015.11.26“血液がん治療 親子100%きょうだい75%提供者広がる移植 導入”朝日新聞
  • 2015.10.25“白血病患者へ幹細胞移植 HLA半合致で成功” 山陽新聞
  • 2015.10.7“白血病患者へのHLA半合致移植中国中央病院で開始”中国新聞
  • 2015.4.7広島テレビ、テレビ派 血液がんと闘う医師 on air
  • 2013.11.7FMふくやま 健康テラス
  • 2013.8.4“有効な治療法 積極的に”読売新聞
  • 2015年3月10日 掲載
    2015年3月10日 掲載
  • 2016年3月22日 掲載
    2016年3月22日 掲載

コラムetc.読んでよく知る血液疾患

ここでは血液疾患について、あるいは血液の病気を患ってしまった場合に必要な検査・処置・治療などについて、簡単にご説明いたします。

学術情報
血液腫瘍患者のいのちを見つめて -ドクターからのメッセージ 木口 亨-(外部サイト)

医師紹介専門・資格

木口 亨(きぐち とおる)
木口 亨(きぐち とおる)血液内科部長
出身大学 鹿児島大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・専門医・指導医・中国支部評議員)、日本血液学会(専門医・指導医・中国四国地方会評議員)、日本造血細胞移植学会(認定医)、日本輸血・細胞治療学会(認定医・細胞治療認定管理師)、日本臨床腫瘍学会(専門医・指導医)
現在の科を選んだ理由 ①専門性が高いため、必要とされる
②化学療法(移植含む)で唯一治癒が期待できるので、希望がある
③研究向きの分野
座右の銘 破顔一笑
医師からのひとこと 地方にあっても、世界に冠たる病院を目指したい。
瀬﨑 伸夫(せざき のぶお)
瀬﨑 伸夫(せざき のぶお)臨床検査科(診療系)部長
出身大学 高知医科大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
現在の科を選んだ理由 全身管理が必要な専門科であるから。
座右の銘 一期一会
医師からのひとこと 主に血液内科診療を行っています。個々の患者様にあった医療を心がけています。
増成 太郎(ますなり たろう)
増成 太郎(ますなり たろう)内科医長
出身大学 鳥取大学 医学部
専門 内科、血液内科、輸血細胞治療、抗菌化学療法
所属学会及び資格 日本内科学会(認定医・専門医・指導医)、日本血液学会(専門医)、日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医)、日本化学療法学会 (抗菌化学療法認定医・指導医・抗菌薬臨床試験指導医・認定ICD)、日本輸血・細胞治療学会(認定医・細胞治療認定管理師・I&A視察員)、日本がん治療認定医機構(認定医)、日本造血細胞移植学会、骨髄移植推進財団調整医師、広島県がん対策サポートドクター
現在の科を選んだ理由 目の前の患者さんに夢中で対応して今に至っています。
座右の銘 「人生の目的は、 すべてをやりとげることではなく、 その一歩ずつの過程を愉しみながら、 愛情のある暮らしを送ることにある」 R・カールソン。
医師からのひとこと 老い、病み、逝く当事者として、生病老死という人生の四季に寄り添える医師でありたいと思っています。
神原 由依(かんばら ゆい)
神原 由依(かんばら ゆい)内科医員
出身大学 岡山大学 医学部
専門 血液内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本血液学会
現在の科を選んだ理由 化学療法、分子標的薬などの分野に興味があったから
座右の銘 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ。(ヨハネによる福音書12章24~25節)
医師からのひとこと 患者さんとの時間を大切にしながら、自分にできることを精一杯行いたいです。
山本 晃(やまもと あきら)
山本 晃(やまもと あきら)内科医長
出身大学 岡山大学 医学部
専門 内科
所属学会及び資格 日本内科学会、日本血液学会、日本医学教育学会
現在の科を選んだ理由 先輩医師の働いている姿を見て。研究に向いていると思った為
座右の銘 最も高貴な娯楽は理解する喜びである(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
医師からのひとこと よろしくお願いいたします。