HOME > 公立学校共済組合員のみなさまへ > 組合員・被扶養者さまの特典

公立学校共済組合員のみなさま

組合員・被扶養者さまの特典

組合員・被扶養者さまの特典

※窓口負担の取扱いの変更について

平成27年4月受診分より、診療費の窓口負担が組合員、被扶養者共に次のとおり変更になります。
【 旧 】 平成27年3月受診分まで・・・窓口負担上限額(25,000円)までの支払い(岡山支部は2,500円まで)
【 新 】 平成27年4月受診分以降・・・健康保険の負担割合で支払い(一般的には3割負担)
※限度額適用認定証提示の場合は、外来・入院それぞれその負担区分に沿った上限までのご負担となります。

4月以降、窓口負担上限額が廃止されますが、月の窓口負担額が次の限度額を超えた場合、その差額が後日自動給付されます。(保険診療分に限る)
・一般所得者の場合 … 月額 25,000円
・上位所得者の場合 … 月額 50,000円
※上位所得者とは、給料月額424,000円以上(特別職530,000円以上)の方。
※外来・入院ごとの限度額です。また、高齢受給者の方は制度が異なります。

公立学校共済組合の組合員の方または、その被扶養者の方が当院を利用される場合には、次のような特典があります。

1.入院した場合、人間ドック及びその精密検査の場合は、「直営医療施設利用奨励費」として、規程により当院までの交通費相当額の9割程度の補助があります。
2.室料差額のある病室に入院した場合、差額料金の5割が割り引かれます。
3.分娩した場合、分娩介助料の5割が割り引かれます。
4.診断書、証明書などの文書料金の5割が割り引かれます。
5.入院の待機患者がある場合には、ご相談のうえ優先して入院できる場合があります。
6.内科、外科、整形外科、産婦人科、皮膚科では、組合員の方のみの午後外来診療を行っています。
但し、受付時間はそれぞれ異なりますので、確認の上ご来院ください。