HOME > 公立学校共済組合員のみなさまへ > メンタルヘルスケアチームからのお知らせ

メンタルヘルスケアチームからのお知らせ

近年、仕事や職業生活に関して強い不安、悩みやストレスを感じている労働者が5割を超える現状にあります。仕事による強いストレスが原因で精神障害を発病する労働者が増加傾向にあり、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することがますます重要な課題となっています。こうした背景を踏まえ、労働安全衛生法の改正に伴い、心理的な負担の程度を把握するための検査「ストレスチェック」とその結果に基づく面接指導の実施等を内容とした「ストレスチェック制度」(平成27年12月1日施行)が新たに創設されました。教職員の精神疾患は大幅に増化傾向にあり、深刻化するまで本人も周囲の人々も気づかれないという現状があります。今後、職域病院としてメンタルヘルス相談等の相談窓口を拡大し機能強化に取り組んでいきます。

メンタルヘルスケアチームが誕生しました

組合員のメンタルヘルス対策のさらなる充実を図り、職域病院としての機能強化に取り組むため、2016年4月より、メンタルヘルスケアチームが病院に設置され、心理療法士2名、保健師1名、看護師1名、事務職1名の5名でスタートいたしました。
職域病院としてメンタルヘルス相談等の相談窓口を拡大し機能強化に努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

保健師 森上 明美

メンタルヘルスケアコラム

知っていましたか?飲酒運転に関するQ&A

2017年8月2日

バックナンバー